季節の変わり目も元気に過ごすためには

"季節の変わり目は、どうしても体調を崩しがちになります。
風邪のようにはっきりした症状から、疲れやすい、体がだるい、頭痛、肩がこるといった、原因もはっきりしないものもあります。

これは、春や秋の気温の変化によって、体の自律神経が乱れてしまうためと言われています。仕事や学校などの日常生活なストレスのほかにも、環境の変化に体は敏感に反応するのです。

こした体調不良を予防するには、生活習慣の改善が最も効果的です。
睡眠を十分にとって体をできるだけ休ませるようにする、栄養が豊富な食事をしっかりとる、適度なストレッチや運動を取り入れるなど。
また、メリハリのある生活を送る、人と会うなどして活動的に過ごすということが、気分的にも明るくし、自律神経を活発にしてくれます。

普段から気をつけなければならない基本的なことばかりですが、最近実行できていますか?
もし、なんだか体調が優れないなと感じるなら、きっとどこか思い当たるところがあるはず。

生活習慣と自律神経を整えて、元気で気持ちのいい季節を過ごしましょう。"