スキンケア商品、余分な添加物が少ないものを

"私はもともと肌がそんなに丈夫でないと感じているので化粧品、特にスキンケア商品を選ぶときにはそれなりに気を使います。
ただ、アレルギーなどというほどではないので成分だけを見て自分にあうかどうかということはわかりませんので使ってみてあうかどうか確かめるしかありません。

また、肌が丈夫かどうかということやきれいでいられるかということを別にしても成分を気にする理由もあります。
以前は体に悪いものは口から鼻からだけだと思っていましたが、肌からも悪い成分は体内にも入るということを知りました。
だから肌につける化粧品やスキンケアが体に悪いものだったらきれいになるどころか体にも害があるかもしれないと思ったのです。

そんなわけで商品についている成分表はよく読んで選ぶようにはしています。
できれば石油成分なしでナチュラルな素材のもの。避けたい成分は他にもいろいろあります。
でもそのような商品はいいお値段のことも多いのでお財布と相談です。
現実としては値段と成分と効果を秤にかけての判断をすることになります。"